大阪浪速区で整体のことならミラクルパフォーマンス・ラボ

ミラクルパフォーマンス研究所ミラクルパフォーマンス研究所

腰痛、膝の痛みは歩いて治す!ウォーキング教室開催!

ー 壊れゆく現代人の『足』 ー

 

正しい歩き方をすると、なぜ股関節や膝の変形がどんどん進むのか知っていますか?
TVの健康番組などで散々言われている「正しい歩き方」。

 

実はこの歩き方…ヒトにとって最悪なんです。
骨や軟骨、靭帯をどんどんどんどん消耗していきます。

 

しかし残念ながら、世界中でこれが正しい歩行の常識となっており、厚生労働省もこの歩き方が正しいと推奨しているため、健康に真面目に取り組んでいる人ほど、この歩き方を心がけてしまいます。

 

ほとんどのウォーキング教室でも、インストラクターがこの「正しい歩き方」を基準にしていますよね。

 

しかし、実際にはこの歩き方では、股関節や膝、腰に多大な負担がかかっており、

軟骨のすり減りや関節の変形はもちろんのこと、

骨粗鬆症を進行させて骨をスカスカに脆くさせてしまうのです。

 

このような歩き方は、
どう説明しようにも矛盾だらけで無茶苦茶なんです。

 

「昔からそう言われてきたから」とか
「医者やリハビリの先生から言われた」とか
「みんなが言ってるから」とか
そんなものは何の根拠にもなりません!

 

常識は疑え!

 

シンプルでいいんです。
簡単な物理と人体の構造が少しでもわかれば、
従来の歩き方がどれだけ危険かということがすぐにわかります。

 

これは高齢者だけの問題ではありません。
子どもたちの未来にも大きく関わります。

 

現代の子どもたちの8割以上が
「浮き趾(ゆび)」だということを知っていますか?
浮き趾=立ったときに足の指が地面から浮いていること

 

昭和の頃に比べて、
足が壊れている子どもたちが圧倒的に多いのです。
足は全身をコントロールしている要(かなめ)です。

 

体の土台である「足」で
体を支えることができなければ、
膝周りや腰、背中、首など大きな筋肉を使って
常に姿勢を保持しなければならなくなります。
そのため、肩こり、腰痛をはじめ、循環障害など
子どものうちから様々な症状に
悩まされるようになってしまいます。

 

浮き趾とは、
その子の将来性に大きく影響するものなのです。

 

また、このような歩き方を高齢者のリハビリで指導してしまっているのが現状で、これでは寝たきりの人を増やしてしまう一方です。

 

あなたはご自身の「足」のことをご存知ですか?

 

現代の子どもたちの浮き趾の’ 本当の原因 ‘をご存知ですか?

 

現代人が忘れてしまった人間本来の歩き方をご存知ですか?

 

残念ながら、筋トレや食事療法、薬物療法では
骨粗鬆症は改善できません。
一度なると治りづらいと言われているのはそこです。
カルシウムが必要なのは当たり前ですが、
いくら摂ってもそのカルシウムが溶け出す要因が
ある以上改善しようがありません。

 

( ヒント: 宇宙飛行士 )

 

人間本来の歩き方ができれば、
骨や軟骨を消耗せず、転倒の心配もなくなり
骨密度が自然と上がって
骨粗鬆症の予防や改善に繋がり、
その人の健康寿命が確実に延びるのです。

 

それだけで、理想的な’自家治療’が始まるのです。
もっと言えば、
あなたの「種」の質が高まります。

 

✨「足の本質を知る」✨
神戸 淳のウォーキング教室を開催します。
8/27(日) 10:00スタート〜12:00終了
場所 : かんべ鍼灸整骨院内
受講料は15,000円
5名様限定となります。
一般の方や治療家の方に関係なく、
どなたでも、お気軽にお申し込みください。
ご希望の方は、コメント欄か直接メッセージをください✨

Facebookからコメントする

comments

ブログ記事一覧へ戻る

Contact
お問い合わせ

ミラクルパフォーマンスラボへのお問い合わせはこちら